カテゴリー別アーカイブ: 脱毛一般

フラッシュ脱毛は安かろう悪かろう?

ミュゼプラチナムに代表される今の脱毛方式はほとんどがフラッシュ式の光脱毛です。

お肌の上の広い面積に点在する毛穴を一網打尽に処理してくれる上、レーザーやニードルに比べると痛みが圧倒的に少ないのが人気の理由になっています。

 

大昔は脱毛ってとても料金が高額だし、時間はかかるし、施術中はずっと痛いしでそうそう簡単にエステ通いを決心できるものじゃありませんでした。

 

それこそ芸能人やモデルさんとかは経費(笑)で脱毛してたかもしれませんが、普通に生活している人はやりたいと思っても実際には自分で剃るなりして処理してたイメージがあります。

 

だって、夏になると女性誌とかにムダ毛のお手入れのやり方みたいな特集が組まれてましたからねー。

 

除毛クリームのメリットデメリットとか、脱毛テープの上手な使い方とか、今にして思うと相当時代背景を感じます w

 

それが今や、そんな除毛クリームを何回も買うくらいなら脱毛サロンに行った方が安くね?なくらい激安料金でのサロン脱毛が可能になってます。

あまりの安さに効果を疑う人もいると思いますが安くなった秘密は脱毛器の進化と価格の推移。

1回に処理できる面積(=毛穴の数)がどんどん増え、機械の値段はどんどん下がる一方。

 

いくら機械の値段が1台何百万円もしたとしても、大勢の人数で使用すればあっという間に元が採れますからね。

 

もちろんサロンを開いている店舗の家賃とか、スタッフの賃金とかも考えなくてはなりませんが、1本1本を処理していたニードルに比べたら時間も人件費も大幅ダウンなのは当たりまえです。

レーザーの高出力じゃないと抜けないんじゃないの?とか迷っている人もいると思いますが、違いは「照射時の痛み」にあると思うので、迷ってるくらいなら両方お試ししてみたら良いと思いますよ。

 

お客さんがおおざっぱに扱われるとかもないですし(あくまでミュゼの場合ね)、この値段で文句付けたくなるっていう人の気がしれない・・・っていうのが正直個人的な感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

脱毛のトラブルっていうかエステのトラブル

脱毛サロンの場合は「脱毛そのもの」に関してのトラブルが一番多いのだとは思うけど、そもそもエステサロンって苦情が絶えないイメージですよね?

 

これ、なんでなんだろうって考えた結果、わたしとしてはやっぱり「先払い」のシステムとか、「無料体験」後の強引な勧誘がネックなんだろうと思えてます。

 

エステって、どうしても1回くらいやってもらったからと言って、効果が持続すると言う性質のものではないので、何回か通ってもらうのが前提ですよね。

でも、お金を出す側からしたら、1回でも結果が目に見えてこないなら続ける気が無くなるので「お試しして終わり」っていう人も出て来ちゃうはず。

 

これではエステサロンは儲からないので、コース設定を設けて販売したり、回数券のようなチケットを売って先に担保を取る的なシステムになっちゃうんですよね。

 

だって例えば美容院なら一度行って気に入らなかったら次は行かなくてもいいわけじゃない?

仕上がりが気に入らなかったとか、担当してくれたお兄さんのしゃべり方が体質的にぜんぜんNGだったとか理由はそれぞれだと思うけど、シャンプーボロー付きカット5〜6000円とか、カラーまでして1万2、3千円とかの価値を認められない場合には、他のお店を探すわけ。

 

でも、エステの場合だとそうはいかない。

痩せたいと思ってサロンに通い出しても、その場ですぐに10センチもウエストが細くなったりジーンズのサイズダウンとかしないのに、高額なお金を先に取られるって言うのが、やっぱりヤなわけでしょ。

 

だから1回ごとにお金を払うのだと、コースの時よりも断然不利な金額設定になってて、損するからまとめて先に買う方がお得に感じるようにできてる仕組み。

 

これで最終的に結果がついてこないんじゃクレームになって当たり前よね。

 

でも脱毛専用サロンだと、いわゆるエステサロンにありがちな「これはいくら何でも詐欺でしょ?」っていうような内容は少ないよね。

 

まぁフラッシュ脱毛の場合、「ぜんぜん抜けない」とか「効果がない」はあんまりないけど、「効果を感じにくい」はあるから、そこに不満を感じる人はいると思います。

 

サロン側の説明と、自分がイメージした結果とのギャップが脱毛の場合は差が小さい方だなーと、過去の体験から明言します。w

 

 

 

 

脱毛サロンにカウンセリングが必要な理由

ミュゼじゃなくてもどこの脱毛サロンでもカウンセリングを受けてからじゃないと脱毛してもらえないじゃないですか?

あれってなんで?とかずっと思ってたんですよね。

例えば歯医者でも美容院でも、空いていれば飛び込みでもやってもらえるわけですよね?

それが脱毛は何でダメなんだろうって。
でもカウンセリングに行ってみたら、その理由もなるほど必要かも・・・ってちょっと理解できました。
たとえば初めて行く病院ってまずは問診票を書かされますよね。

症状はどうですかとか?アレルギーはないですか?とか。

 

じつは脱毛の場合でも、そういうのは外せない部分なんですよ。
お肌にトラブルの出やすい人とか、病気があったりすると施術自体を受けられないケースもあったりします。

それに日焼け直後に脱毛するのはダメだったりしますし、一応施術後は激しい運動もNGみたいです。

 

これ、なんでかっていうと、やはりある種の熱をお肌に与えているわけなので、体温が上がっちゃうようなことは避けた方が良いそうなんですね。

 

おそらく本当にそこまで神経質になることはないのだと思いますが、万が一トラブルが出た場合に、サロンの方ではきちんと注意するようには伝えましたよっていうデモンストレーション的意味合いが強いのだと思います。

 

タバコの吸い過ぎに注意しましょうとかとおんなじ?

 

だから、もしかするとムダ毛が濃くなってしまうケースもありますとか、こんな場合には施術を受けられませんとか、ネガティブな説明満載です(笑)

 

脱毛サロン側はこのくらい予防線をはっておかないと、何かしらのトラブルになった時に責任取りきれないってことなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脱毛ってどうして安くなったのか?

ミュゼプラチナムに限ったことではありませんが、今ってどこのエステサロンでも激安な値段で脱毛できるようになりましたよね。

たしか昔は全身脱毛しようと思うと100万円とか場合によっては200万円コースみたいなことも聞いていた記憶があるのでなんでこんな風になったのか不思議でしかたありませんでした。

だってミュゼなんか、今や両ワキ脱毛が100円とか250円ですよ?

いくらキャンペーン料金とはいえそんな値段で脱毛できるなんて変ですよね?

で、いろいろ調べてみたら昔、脱毛が高かった時とはそもそも脱毛方法が違うんですって。

 

昔は(というかTBCは今でもコレをやっているそうですが)ムダ毛を処理するのに1本1本毛穴に電気を通して焼くような作業をしていたんだそうです。

 

身体に生えているむだ毛の毛穴を一つずつって一体どれだけ時間がかかるの?って思いますよね。

だからこそ、何年も前までは脱毛っていうエステメニューは高かったんです。

 

しかもこの毛穴に針を入れて電気を流すのには技術の熟練も必要になってくるそうなので、エステティシャンの研修とか育成にも時間がかかっていたのだとか。

その後は、病院でのみやってもらえるレーザー脱毛が登場。

でも、これも機械が出始めた頃はトラブルもかなりあったそうで、照射のパワーによっては火傷のような症状が起きるケースが問題になっていたらしいです。

そして、そのレーザーの仕組みに近い感じのものがフラッシュ式の脱毛方法なんです。

現在エステサロンは、機械の扱い方を覚えてしまえばある程度誰にでもできるタイプの方法である光脱毛が主流になりました。

施術を受ける側からみても、値段は安いし、時間はかからないし、担当した人によって効果に差が出るとかもないので良いこと尽くめなので今のような人気になっているんですね。