ミュゼはムダ毛を剃って行かないと光を当ててくれないの?

ミュゼではフラッシュ脱毛というお肌に対して(というか毛穴?)光を当てる方式で脱毛処理してくれるます。

これってムダ毛が伸びてると効果が出ないんですよね。

 

そのため、前処理としてむだ毛が伸びている場合には事前にシェーバーかなにかで剃って行かないとダメなんです。

 

脱毛サロンによってこの前処理のムダ毛の長さに関して、ちょっといわれるコトに差があるんですけれど、0、5〜1ミリくらいお肌から出るくらいがフラッシュの効果が出やすいらしいです。

 

で、ミュゼの場合前日に剃って行くと、剃り残しをチェックされて伸びてる部分はその場で処理してくれる、っていう感じです。

 

いま現在は。

 

これ、2013年のはじめくらいまでは、ざっと剃ったくらいでミュゼに行っても向こうでキレイにしてもらえたんですけど、春くらいだったかな?このサービスが無くなったんですよね。

 

シェービングに関しては別に剃毛料金を取る病院とか、剃れてない時はシェービング代をいただきます、的な脱毛サロンがあるので、ミュゼも人手不足でやめたんだー、って思ってる人多いみたいです。

でも本当のところは、法律とかの問題らしく、床屋さんとかお医者さんみたいに国家資格の免許がある人じゃないと、お客さんに対してカミソリで何かしらのサービスをするのがダメっていう規則のためらしいです。

 

今までは、わりと甘めというか、決まりといっても多めに見てもらえてた部分があったのが、急にうるさくなっちゃったらしい。

だから、脱毛サロンとして大っぴらにウチはシェービングを無料でサービスしますよーっていうのはできなくなっちゃたっていう経緯です。

 

お客さんの方は剃っていったんだけど、剃り残しや手の届かない部分は“手伝い”で剃りました〜、という名目でやってくれます。

 

ただし、わたしの友だちがミュゼじゃない別のエステに行った時、ムダ毛が残ってるところだけ照射してもらえなかったっていう話も聞いたので、この部分に厳しいサロンも存在するみたい。

なんか、この手の話が詳し目に書いてあったサイトがあったので参考になるかもです。ミュゼプラチナムトラブルrepo

一応ミュゼ自体のサービス低下じゃないってことで。

 

 

 

ミュゼの脱毛料金が安い理由とか

ミュゼの脱毛料金がまた下がりましたね(笑)

250円とかでもありえない〜って思ってたのに、もう100円とかワンコインの世界ですから。

 

これってお金を取る必要があるのかどうか分からないような金額ですよねぇ。

 

たしか、一昨年くらいまでは3000円みたいな料金設定でも安くなったなーって感じられてたのに・・・

 

他のエステサロンとか、もうどうがんばっても太刀打ちできないようになりそうな勢いですけど、そのうちきっと無料体験!とかやるんでしょうね。

 

なんでこんなことがミュゼにはできるのかっていうと、ミュゼは「脱毛専用」エステだから。

 

ふつうはエステサロンってフェイシャルとか痩身とかいろんなメニューがありますよね?

 

でもミュゼプラチナムは脱毛だけに特化してるから、こういう真似も可能なんです。

 

経費の中でなんといっても削減しにくいのは人件費。

 

ミュゼは脱毛専用なのでエステティシャンの育成に他所ほど時間をかけないですむと言うメリットがあるんですよね。
接客マニュアルやフラッシュの脱毛器の扱い方を覚えるだけなら促成栽培なエスティシャンでもなんとか形になりますから(笑)

 
これがTBCのようにニードル脱毛となるとそうはいきませんし、フェイシャルや痩身エステみたいに自分自身が施術するタイプの技術を覚えなければならないサロンは1人前になるまでの時間が大変。

 
ちょっと研修しただけでお客さんを相手にするというレベルには育たないですからね。

 
なんか話がズレてきましたが、要するにミュゼが料金を下げられるのはコストのかけ方を上手く考えているためです。

 
だって研修中は、会社からお金は出る一方で、そのエステティシャンの卵は全くお金を稼いでくれることはないのですから、企業側から見たら持ち出しでしかありませんよね。

 
でも、ミュゼの場合は一般のエステよりも早いペースでどんどん新人さんを育てられるのですから、サロンの数もガンガン増やせて、お客さんを呼び込めるっていう好循環が作り出せるんです。

 

特に怪しい裏事情とかなくても、コストカットで脱毛サービスを安く提供できているってことですね。

 

 

 

 

フラッシュ脱毛は安かろう悪かろう?

ミュゼプラチナムに代表される今の脱毛方式はほとんどがフラッシュ式の光脱毛です。

お肌の上の広い面積に点在する毛穴を一網打尽に処理してくれる上、レーザーやニードルに比べると痛みが圧倒的に少ないのが人気の理由になっています。

 

大昔は脱毛ってとても料金が高額だし、時間はかかるし、施術中はずっと痛いしでそうそう簡単にエステ通いを決心できるものじゃありませんでした。

 

それこそ芸能人やモデルさんとかは経費(笑)で脱毛してたかもしれませんが、普通に生活している人はやりたいと思っても実際には自分で剃るなりして処理してたイメージがあります。

 

だって、夏になると女性誌とかにムダ毛のお手入れのやり方みたいな特集が組まれてましたからねー。

 

除毛クリームのメリットデメリットとか、脱毛テープの上手な使い方とか、今にして思うと相当時代背景を感じます w

 

それが今や、そんな除毛クリームを何回も買うくらいなら脱毛サロンに行った方が安くね?なくらい激安料金でのサロン脱毛が可能になってます。

あまりの安さに効果を疑う人もいると思いますが安くなった秘密は脱毛器の進化と価格の推移。

1回に処理できる面積(=毛穴の数)がどんどん増え、機械の値段はどんどん下がる一方。

 

いくら機械の値段が1台何百万円もしたとしても、大勢の人数で使用すればあっという間に元が採れますからね。

 

もちろんサロンを開いている店舗の家賃とか、スタッフの賃金とかも考えなくてはなりませんが、1本1本を処理していたニードルに比べたら時間も人件費も大幅ダウンなのは当たりまえです。

レーザーの高出力じゃないと抜けないんじゃないの?とか迷っている人もいると思いますが、違いは「照射時の痛み」にあると思うので、迷ってるくらいなら両方お試ししてみたら良いと思いますよ。

 

お客さんがおおざっぱに扱われるとかもないですし(あくまでミュゼの場合ね)、この値段で文句付けたくなるっていう人の気がしれない・・・っていうのが正直個人的な感想です。