脱毛サロンにカウンセリングが必要な理由

ミュゼじゃなくてもどこの脱毛サロンでもカウンセリングを受けてからじゃないと脱毛してもらえないじゃないですか?

あれってなんで?とかずっと思ってたんですよね。

例えば歯医者でも美容院でも、空いていれば飛び込みでもやってもらえるわけですよね?

それが脱毛は何でダメなんだろうって。
でもカウンセリングに行ってみたら、その理由もなるほど必要かも・・・ってちょっと理解できました。
たとえば初めて行く病院ってまずは問診票を書かされますよね。

症状はどうですかとか?アレルギーはないですか?とか。

 

じつは脱毛の場合でも、そういうのは外せない部分なんですよ。
お肌にトラブルの出やすい人とか、病気があったりすると施術自体を受けられないケースもあったりします。

それに日焼け直後に脱毛するのはダメだったりしますし、一応施術後は激しい運動もNGみたいです。

 

これ、なんでかっていうと、やはりある種の熱をお肌に与えているわけなので、体温が上がっちゃうようなことは避けた方が良いそうなんですね。

 

おそらく本当にそこまで神経質になることはないのだと思いますが、万が一トラブルが出た場合に、サロンの方ではきちんと注意するようには伝えましたよっていうデモンストレーション的意味合いが強いのだと思います。

 

タバコの吸い過ぎに注意しましょうとかとおんなじ?

 

だから、もしかするとムダ毛が濃くなってしまうケースもありますとか、こんな場合には施術を受けられませんとか、ネガティブな説明満載です(笑)

 

脱毛サロン側はこのくらい予防線をはっておかないと、何かしらのトラブルになった時に責任取りきれないってことなんでしょうね。