ミュゼプラチナムの脱毛方法の特徴とは?

ミュゼプラチナムの脱毛方法は光脱毛という部類になるタイプの機械を使って行われています。

ランプによって強い光が照射されるのですが、この光は黒い色素にだけ反応するので、お肌の表面には影響がなく、そこにあるムダ毛にのみ作用してくれる仕組みです。

黒い部分に反応すると熱が発生するのですが、その熱が毛穴の奥の毛母細胞に伝わるのでダメージを受けるんです。

タンパク質って高温になると変質しますよね。

生のお肉を焼いたりすると、冷めたからといって前の状態に戻ったりしないように、毛根の方も生える細胞がダメになれば、もうそのあとは生えてこなくなるんです。

これがクリニックでレーザー脱毛すれば1度の施術でほぼ毛根が破壊されるようなのですが、フラッシュでの光脱毛だと本当の意味での破壊はできないらしいってこと意外に知らない人も多いみたいですね。

だから正式には脱毛っていわないで「制毛」とかいうそうなんですが、最終的に生えてこなくなるならわたし自身はどっちでも構わないかなぁ、って思ってます。

 

だってレーザー脱毛って相当痛みも強いそうだし、昔は本当に火傷のトラブルって多かったらしいですよ。

だからまぁ、病院でしかやってもらえないことになってるんでしょうけどね。

 

エステサロンの場合はレーザーではなくて光脱毛のところが多数派ですけど、ミュゼが導入している機械はものすごく高性能なので、効果もバッチリ!

しかも照射の時に塗るジェルには抑毛成分がたっぷり入っているので、ダブルで生えにくくなる方式です。

 

抜けたり抜けなかったりは毛質や肌質が違うのでどうしても差はあるそうですけれど、あの金額で効果に不満がある人ってちょっとどうなの?っていう気もしています。

脱毛料金が安い上に、痛みがなくてそれなりに生えてこなくなるならわたしとしては十分満足かなぁってカンジなんですけど、どうですか?